本文へスキップ

歯は虫歯菌の作る酸によって溶けてしまいます

虫歯Cavity

虫歯とは


口の中には目には見えない細菌が多く生息しています。

虫歯とは、これらの細菌が食事の際に口の中に運ばれた糖分から酸を作り出して、この酸によって歯が溶かされた結果です。

つまり、口の中の細菌と食事に含まれる糖が原因ということになります。この原因のうち、口の中の細菌はゼロにすることができないので、口の中に入る糖をどのようにコントロールするかが虫歯の予防には重要です。

また、虫歯のことを「齲蝕」とも言いますが、虫歯も齲蝕も意味は同じです。


虫歯になってしまうと


歯の内部には一番外側にエナメル質、その内側に象牙質、更に内側に歯髄があります。

虫歯が一番外側のエナメル質にとどまっている間は痛みを感じることはありません。なぜなら、エナメル質には痛みを感じることのできる構造が含まれていないからです。

しかし、虫歯が象牙質に及ぶと痛みを感じるようになって、更に歯髄にまで進行すると強い痛みを感じるようになります。

象牙質と歯髄には痛みを感じることのできる構造が備わっており、その構造は歯髄の方が象牙質より多いからです。

虫歯の治療法


虫歯の治療は、まず虫歯になった部分を専用のタービンで削り取ることから始まります。

そして、削り取った部分にできた穴にレジン(樹脂)や金属などの詰め物を詰め込むことで直していくのです。

虫歯の進行具合によって治療法はさまざまに変化していきますが、基本的には虫歯になってしまった部分を削り取り、崩壊した歯を元の形に戻して、そこに虫歯菌が入らないように対処します。

しかし、以前の治療法では小さな穴に詰め物をぴったりと詰める技術が今ほどではなかったため、虫歯になった部分だけでなく健康な部分まで大きく削る必要がありました。

また、歯は一度削ってしまうと、治療した場所が再度虫歯になることが多く、再治療するたびに削り取る場所がどんどんと増え、神経を抜いてしまうことになり、最終的に歯を抜かなければならなくなることが多かったのです。

この反省から、「できる限り歯を削らずに治療する」ことが今の虫歯治療では主流の考えとなっています。この考えのことを「ミニマル・インターベンション(Minimal Intervention)=最小侵襲」と呼んでいます。

このことから「削っても痛くない治療」が可能になりつつあります。なぜなら、健康な部分を削ることなく虫歯になった部分のみを削り取るからです。というのも、痛みが生じるのは健康な部分を削る時だけだからです。

本来、虫歯になった部分を削っても痛みは生じないのです。

歯を削る場所の決め方


エナメル質にだけある虫歯の場合は、削り取る量を最小限にするため探針で硬さを確かめたり、齲蝕検知液で色がつくかどうかで削る場所を決めていきます。

虫歯菌が作り出す酸によって歯は溶けますが、象牙質にその酸が到達すると脱灰がおこってやわらかくなります。このやわらかくなった象牙質は「齲蝕象牙質外層」と「齲蝕象牙質内層」に分けられます。

このうち外層の部分は細菌感染がおこっているのでしっかりと削っていく必要があります。ただし、やわらかくなっているので削っても痛くはありません。

一方内層の部分は酸によってやわらかくなっているものの、細菌に感染はしていないので削り取らずとも虫歯になることはなく、再石灰化してもとの象牙質に戻る可能性があるので削り取りません。

歯を削る場所を決めるために、X線画像やレーザーを用いた齲蝕診断装置などを利用して慎重に判断していきます。

虫歯の症状について


虫歯が歯の最表層にあるエナメル質に留まっている間は、痛みを感じることがありません。

しかし、エナメル質の真下にある象牙質に虫歯が進行すると、痛みを感じるようになります。

さらに、象牙質の内側にある歯髄にまで虫歯が到達すると強い痛みが生じます。

もし、歯が少し痛むと感じるようなことがあれば、ただちにお近くの歯科医院に行くことをおすすめします。