本文へスキップ

クラウン(冠)は人工の冠を歯に被せる治療方法です

クラウンCrown

クラウンとは


クラウン(冠)とは歯の冠(歯根の上の部分)が虫歯などで欠けた場合に、人工の冠をかぶせて補う治療のことです。

虫歯が歯髄まで進行している時は、細菌に感染した神経などを取り除く根管治療を施した歯の根に「コア」を入れて土台を作り、そこにクラウンをかぶせます。

かつては、ポストと呼ばれる芯棒がついた人工の歯を、歯の根にさし込む「さし歯」という治療が一般的でした。しかし、最近ではほとんどさし歯はされなくなってきています。


コア(歯の土台)の種類


コアの種類には「メタルコア」、「レジンコア」、「ゴールドコア」、「ファイバーコア」などがあります。

この中で保険が適用されるのはメタルコアとレジンコアであり、どちらも3割負担の場合は千円以下で作ることができます。

メタルコアは銀合金でできているため強度は十分ですが、硬すぎるため歯の根が割れてしまうことがあり、こうなった場合は抜歯するしかなくなります。また、金属アレルギーのある方は使用することができません。

レジンコアは歯科用のプラスチック樹脂で作られているため、金属アレルギーのある方も使用可能ですが、プラスチックなだけに強度や粘着に問題があります。

このような欠点を補うことができるのがゴールドコアやファイバーコアです。ゴールドコアは金合金でできているため硬すぎず、歯の根が割れることが少なくなります。ファイバーコアはガラス繊維強化樹脂でできているため割れたり折れたりしにくく、また白いのでセラミック製のクラウンを取り付けても透明感を損なうことがありません。

費用は保険適用外のために全額自費診療となります。そのためゴールドコアとファイバーコアは1本1万円〜3万円ほどかかります。



歯の根にコアをさし込む際に痛みはあるか


歯の根にくさび形のコアをさし込むので、当然痛くないか心配だと思います。

しかし、コアを入れる前に、あらかじめ歯の根にある神経をすべて取り除いておくため痛みを感じることはありません。

もし痛みを感じるようなことがあれば、根管治療が不十分であったりかみ合わせが悪いなどの原因が考えられます。

クラウンはどのくらい持つのか


どれだけの期間持つのかは個人差があります。

生活習慣や毎日のケアによって持つ期間は変化し、硬い食べ物が好きな人やかみ合わせの悪い人、歯ぎしりをする人などは長く持つとはいえません。

また、クラウンだけでなく口の中のケアも必要であり、虫歯や歯周病が進行するとクラウン・コアを支えている歯の根がグラグラしてきて抜かなければならなくなることもあります。

できるだけ歯に負担をかけないようにし、口の中のケアをしっかりすることがクラウンを長く持たせるためには重要です。



コアの交換はできるのか


コアは歯の根に埋め込んでしっかりと固定するため、簡単には取り外すことができません。

基本的には、一度取り付けたらずっと使い続けるものだと考えた方がいいでしょう。

材質の異なるコアに入れ替える場合や歯の根が虫歯になった場合などは、コアを取り外すことがありますが、その際には歯の根が割れてしまい歯を抜かなければならなくなることもあります。

それぞれのコアの持つ特徴について十分に理解した上で治療を受けるべきでしょう。