本文へスキップ

ホームページ「歯の治療」は歯科治療ポータルサイトです。

歯周病Periodontosis

歯周病とは

口の中には様々な細菌が生息しています。歯周病とはこれらの細菌によって、歯を支えている骨や歯肉が破壊されていく疾患のことです。現在日本人の成人の約80パーセントが歯周病になっているといわれており、日本人が歯を失う最大の原因となっています。

どうして歯周病になるのか

口の中に生息している細菌だけで歯周病になることはありません。口の中の細菌と食事の際に口に入れた食べ物とが合わさることによって、歯周病の原因となるプラークができます。このプラークは歯を支えている歯周組織を炎症させます。そして人間の体はその炎症に対して原因を排除するべく防御反応を引き起こします。この防御反応によって原因とともに歯周組織も破壊されてしまうのです。

歯周病を予防するには

  • プラークコントロールの実践:プラークコントロールとは歯周病の原因であるプラークを減らしていくことで予防する方法です。具体的には歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシなどで歯に付いたプラークを取り除いていくことを指します。しかし、個人で完璧なプラークコントロールを目指してもうまくいかないのが一般的といえます。したがって、プラークがたまりやすい人は定期的に歯科医院に行き専用の医療器具(スケーリング・ルートプレーニングなど)を用いてプラークを取ってもらうべきでしょう。
  • 生活習慣の見直し:歯周病の原因であるプラークは、食べ物に含まれる糖を主な栄養源としています。よって、普段甘いものばかりを食べている生活を続けていると、プラークができやすく歯周病になりやすいといえます。また、ストレスや睡眠不足が続くと身体の免疫力が低下してきて細菌が活動しやすくなる環境になり、その結果歯周病になってしまうこともあります。さらに喫煙は歯周病を悪化させる原因であり、実際にそれを裏付ける研究報告も多数発表されています。歯周病を悪化させないためにも禁煙が必要といえるでしょう。

歯周病の治療方法

歯周病の治療は口の中にあるプラークや歯石(プラークが時間の経過とともに固まったもの)を取り除くことを目的にしています。そのための治療方法としてスケーリングとルートプレーニングがあります。
  • スケーリング:スケーラーと呼ばれる専用の医療器具を用いて、口の中にあるプラークや歯石を取り除く治療法。この治療法では歯に強く付着した歯磨きでは取り除くことのできない歯石も取り除くことができます。全ての歯をスケーリングする時の料金は、保険内治療の場合は約1千円であり、保険外治療の場合は約5千円〜1万円です。定期的にスケーリングを行う目安としては、3ヶ月〜6ヶ月に一度が一般的です。
  • ルートプレー二ング:キュレットと呼ばれる専用の医療器具を用いて、スケーリングでは取り除くことのできない歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を取り除く治療法。歯周ポケットの奥深くにある歯の表面は、細菌によって汚染されていることがあります。この歯表面にある汚染物質もルートプレーニングで取り除くことが可能です。全ての歯をルートプレーニングで治療する時の料金は、保険内治療の場合は約5千円であり、保険外治療の場合は約5万円〜25万円となっています。
http://歯の治療.jp/sp/

スマートフォン版

http://歯の治療.jp/sp/
からどうぞ