本文へスキップ

ホームページ「歯の治療」は歯科治療ポータルサイトです。

矯正Reform

矯正とは

矯正とは歯並びが悪かったり顎関節に異常があったりする時に用いられる治療のことです。ワイヤーを使って並びが悪い歯に力を加えることで、歯を正しい位置に戻したり顎関節の位置を調節することが可能となります。歯並びがきれいになることは表情が豊かになることにつながり、顎関節が正常になることは食べ物を効率良く噛むことにつながります。

矯正治療の分類

  • 唇側矯正:歯の唇側(外側)にマルチブラケット装置という矯正専用装置を取り付けて、その装置にワイヤーを通し引っ張って固定する治療法。唇側矯正では口を開けるたびに矯正装置が見えてしまうため目立つのが難点です。
  • 舌側矯正:歯の舌側(内側)に舌側リンガル装置という矯正専用装置を取り付けて、その装置にワイヤーを通し引っ張って固定する治療法。唇側矯正と違い矯正装置が歯の内側にあるため、口を開けても目立つことがありません。ただし、舌が矯正装置にあたるため違和感を感じやすく、発音にも多少の障害があります。
  • マウスピース矯正:プラスチックで作られたマウスピース型の矯正装置を口の中に装着して矯正していく治療法。このマウスピースは自分でも自由に取り外すことができ、また目立つこともなく違和感も感じにくいです。ただし、この治療法が適用される症例は一部に限られているので注意が必要です。
  • インプラント矯正:インプラントを骨の中に埋め込み、それを固定源として利用することで歯を矯正させる治療法。インプラントを支えとして利用できるため歯を確実に移動することができ、それによって治療期間も短縮されます。ただし、インプラントを骨の中に埋め込む時に外科手術が必要となります。

矯正治療の料金

矯正治療は保険が適用されないため料金は高めです。仮に上顎と下顎の歯を矯正する場合、平均的な料金は約60万円〜100万円となります。ただし、矯正治療の種類や治療を受ける歯科医院によって料金は変化します。

矯正治療による生じる制限

矯正治療では歯にマルチブラケット装置を取り付けます。この装置によって、日々の生活にある程度の制限が生じます。このマルチプラケット装置を付けると、装置が邪魔になって歯磨きがやりづらくなります。また磨き残しが多くなりやすく、虫歯や歯周病の原因である細菌が繁殖しやすい環境になります。したがって、装置を取り付けたら取り付け前よりも丁寧に歯磨きをする必要があります。また、プラークにとって糖は栄養分になるので、マルチブラケット装置の取り付け後は糖の摂取を治療を完了するまで控えるべきでしょう。せっかく歯並びをきれいにしたのに、それが原因となって虫歯や歯周病になったら意味がありませんからね。このマルチブラケット装置は意外ともろく、衝撃などにより壊れる可能性があります。硬い食べ物や歯にくっつきやすい食べ物は、あまり食べない方が良いでしょう。また、装置を取り付けた初期では、鈍い痛みを感じることがあります。この痛みによって、集中力が低下したり食が進まかったりします。しかし、慣れてくると痛みも治まっていきますので安心してください。このように、矯正治療によるある程度の制限はありますが、歯並びをきれいにするためには仕方のないことです。

矯正に年齢制限はあるか?

矯正治療に年齢制限はありません。ただし条件があります。それは歯槽骨や歯根膜が正常な状態であり、骨に代謝能力が認められるというものです。この条件を満たせば何歳でも矯正治療を行うことができます。しかし、年齢を増していくにつれて骨の代謝能力は低下していきます。そうなると矯正装置によって歯が動く速度は遅くなっていきます。このため一般的に10代で2年かかる矯正治療は、20代では2年半、30代なら3年かかるといわれています。


http://歯の治療.jp/sp/

スマートフォン版

http://歯の治療.jp/sp/
からどうぞ