本文へスキップ

矯正治療の説明の続きです

矯正2Reform2

矯正治療の流れ


まずは初診を行い矯正治療の妨げとなる虫歯・歯周病などがないか確かめます。

次に精密検査を行います。顔面写真や口腔内写真、頭部X線規格写真、口腔内模型などを準備してから必要な検査をし治療方針を決めていきます。

その後検査結果に基づき治療計画の説明を受けます。この説明に納得し、虫歯や歯周病などの歯科疾患がなかった時は矯正治療に入っていきます。

もし虫歯・歯周病などがあればその治療をすることが優先されます。

矯正治療は歯に矯正装置を取り付けて少しずつ歯を動かしていく動的治療から行います。個人差はあるものの大人の場合、動的治療の期間は約2〜3年かかります。

そして、目標としていた歯並びとかみ合わせになったら動かした歯を安定させるために保定治療へと移ります。

リテーナーと呼ばれる保定装置を取り付けて、半年に1回の割合で通院し経過を観察します。この保定治療には動的治療に要した期間と同じくらいの期間と必要とします。

  1. 初診
  2. 精密検査
  3. 治療計画の作成・説明
  4. 矯正治療の事前処置(虫歯・歯周病などの治療)
  5. 動的治療
  6. 保定治療

矯正治療動画