本文へスキップ

ホワイトニングは歯を白くする審美歯科治療です

ホワイトニングWhitening

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは歯磨きで落とすことのできない歯に付いた着色を除去して、歯を白くすることのできる審美歯科治療の一つです。

そもそも永久歯は白色ではなく多少黄色っぽい色をしてますが、加齢や茶渋に含まれるステイン、煙草のヤニなどによって徐々に変色していきます。こうなった場合、ホワイトニング以前の治療では歯の表面を薄く削るという方法がとられていました。

しかし、今では歯を削るという必要はありません。

ホワイトニングによって歯の着色部にある色素を分解することで歯を白くすることができるからです。


ホワイトニング剤の効果

ホワイトニングの際に必要なホワイトニング剤は、過酸化水素を主成分にしています。

過酸化水素は歯の表面に付くと水素と酸素に分解されますが、この酸素が着色部にある色素と結合することで色素が分解されて、その結果として歯が白くなるのです。

ホワイトニングの分類

ホワイトニングには、自宅などで行うホームホワイトニングと歯科医院などで行うオフィスホワイトニングがあります。

ホームホワイトニングでは、まず歯科医院に行って自分の歯型に合ったマウスピースを作成します。そして、このマウスピースを自宅に持ち帰って、その中にホワイトニング剤を流し込み装着して歯を白くしていくのです。オフィスホワイトニングに比べると効果が表れるまでに多少の時間がかかりますが、その分白さが増し持続性も長くなるのが特徴です。

また、オフィスホワイトニングでは、歯科医師もしくは歯科衛生士が歯にホワイトニング剤を塗り付け、そこにレーザーや光などを当ててホワイトニング剤を活性化させることで歯を白くします。ホームホワイトニングに比べると、短時間で歯を白くすることができるが持続性も短くなるのが特徴となります。

ホワイトニングのメリット・デメリット

ホワイトニングのメリットは歯を傷つけることなく歯を白くすることができることです。また、ホワイトニング剤は副作用が少なく安心して治療を受けることができます。さらに、自分の好みに合わせて明るさ・白さを調節することも可能です。

逆にホワイトニングのデメリットは、一度治療を受けただけでは十分な効果を得ることができず短時間で色が元に戻ってしまうということです。個人差はあるものの複数回にわたる通院が必要です。

平均的なホワイトニングの持続期間は、ホームホワイトニングの場合は約1年〜2年でオフィスホワイトニングの場合は約6ヶ月となります。

ホワイトニングの料金

ホワイトニングの料金は、ホワイトニング剤や治療に使う医療機器などの種類によって変化します。

一般的な料金は、ホームホワイトニングの場合は約1万円〜5万円(主にマウスピースの作成費用)でオフィスホワイトニングの場合は約2万円〜10万円(歯1本につき約2千円〜1万円かかる)です。

最近では市販のホワイトニング専用商品が開発されており、その場合の料金は約5千円〜1万円ですが、安全性が高いとはいえません。

初めてホワイトニングを行う場合は、一度歯科医院での治療を受けるべきでしょう。