本文へスキップ

ホワイトニング治療の説明の続きです

ホワイトニング2Whitening2

歯に色がつく原因とは

歯に色がつく原因としては、着色と変色の二つが挙げられます。
  • 着色:食べ物や嗜好品などによって歯の表面にステイン(着色汚れ)がつくことです。コーヒーや赤ワイン、色が濃いお茶などを頻繁に飲んでいると、歯の表面にステインがつきやすくなります。また、煙草なども歯の表面の着色に影響を与えています。
  • 変色:歯の色そのものが変化することです。テトラサイクリン系の抗生物質を服用することにより、歯の内側にある象牙質に色素沈着が起こって歯が茶色や灰色に変化することがあります。また、フッ素の過剰な摂取によっても歯が変色することがあるので注意が必要です。

市販の歯磨き粉で歯は白くできるのか?

市販の歯磨き粉で、歯の表面についた着色汚れを落としある程度白くすることはできますが、一度変色した歯を白くすることはできません。したがって、変色してしまった歯については歯科医院で相談するべきでしょう。

ホワイトニングで理想的な歯の白さにできるのか?

ホワイトニング治療では、治療を行う前にどの程度の白さにまでできるのかを判断することはできません。

よって、治療後に自分の理想としていた歯の白さになっていないこともあります。

しかし、ホームホワイトニングの場合は歯にホワイトング剤をつけておく期間が長いほど、歯は漂白されていき白くなっていきます。

したがって、時間をかけてホワイトニングすることで、理想的な歯の白さへと近づけることは可能となります。

ホワイトニング動画